自己否定やネガティブな感情にこそ、愛を。

さかのぼること3年前。

「心に響くことだけをやりなさい」の著者、ジャネットアウトウッドさんに直接会える機会に恵まれました。

私はとにかく本が好き!ひと月に10冊〜20冊くらい本を読んでいます。

人生にいい影響を与えてくれたり、希望を与えてくれた作家さんには、会いたくなっちゃう!

リアルな世界はいつだってワクワクしますね(#^.^#)

「あれ?印象違うな、本で言ってることと違うよぉ(涙)」

とショックを受けることもありますが、すごくステキな人だった!と思うことのほうが多いです♪

ジャネットアウトウッドさんは、ますます好きになった作家さんの1人。

声を通して沢山ステキなことを伝えてくれたのですが、

その中でも特に印象に残ったメッセージがあるんです。

「ネガティブな感情にこそ愛を」
「壁にも、床にも、愛を」

ん???

何を言ってるんだろうか???

3年前の私は、その意味がまったく分かりませんでした。

それが、長い時間と経験を経てようやく腑に落ちた瞬間があったので、今日はその気づきをシェアさせてください。

あなたの中から湧き出てくるネガティブな感情、マイナス思考、自己否定。

その感情たちは、いつもあなたから悪者扱いされてきました。

ずっとずっと、あなたに嫌われ続けてきたんですね。

「そんなこと思っちゃダメ!」

「なんで出来ないの?」

「もっともっと頑張らなくちゃ」

「なんなのっ!?」

かけられる言葉は、いつだって悲しくなる言葉ばかり。

一度も微笑んでもらえない。

一度も抱きしめてもらえない。

いつだって無いことにされる。

大好きなあなたから、ただの一度だって愛されたことがないんです。

リアルな世界を想像してみてください。

大好きなあの人が、いつもあなたを「なんだよ!」って邪魔にするんですよ?

大好きなあの人が、あなたを無視するんですよ?

もぉ、泣いちゃう〜〜〜!!

わたしはコレに気がついた瞬間、自分に対してなんて酷いことをしてきたんだろうって、

申し訳なくて、可愛そうで、涙が止まらなかったです。

もし、あなたがネガティブな感情や自己否定に苦しんでいるのなら、こう考えてみたらどうでしょうか?

「自分の中から湧き出る感情は、あなたのカワイイ赤ちゃん♪」

何か大切なことを教えてくれようとしてる大切な存在なんだって。

実際、ネガティブと言われている思考は、自分を守ろうとする本能です。

イイも悪いもないんですよ♪

伝わってますか?


床は、無言であなたを支えてくれています。

壁は、あなたを風や危険から守ってくれています。

あなたの周りにあるものは、いつだってあなたを幸せにするために存在していますよね。

感情も同じだったんです。

だから、ネガティブな感情や自己否定が浮かんできたら、

「そっか、そう思ってるんだね」
「何を伝えてくれようとしてるの?」
「本当はどうだったら嬉しい?」

まずは、見てあげてね。

そのままを、優しく見てあげてね。

無かったことにすればするほど、他者をとおしてだったり、出来事となって気付かされることになります。

あなたに気づいてもらえるまで、パワーアップしながら何度でも何度でも。

これが腑に落ちた瞬間から、きっと何かが動きだすはず!

もちろん、あなたにとって良い方向へ。

未来はいつだって明るい。

わたしは、そう信じています(^_-)

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA