アロマテラピーって何だ!?

地下鉄で面白い場面に遭遇しました。

同じ車両に乗っていた女子高生がアロマテラピー検定の広告をみて爆笑していたのです。

アロマセラピストとしては、何がそんなに面白いのか気になるところでして、こっそり話を聞いていると??(≧∀≦)

「セラピーじゃね?テラピーって何だよ?」笑笑笑

「は?そんなのどっちでもよくね?」笑笑

それを聞いていたわたしは心の中で叫びました。

「正解!」

面白い題材ができたところで説明させてもらうと、

「アロマテラピー」はフランス語読みしたもの。

「アロマセラピー」は英語読みしたもの。

女子高生の突っ込みは正しいのです^^

箸が転んでもおかしい年頃。羨ましいですね♪

ちなにみ、アロマに使われるオイルのことを正しくは「精油」といいます。

でも、アロマを学んでいる人にしか通じません。

それこそ、

「油ってなんだよ!?」

と突っ込まれそうなので、ブログでも伝わる言葉を選んでいます。

サロンでも、あなたに分かりやすい言葉を使ってお伝えするようにしています。「香りでそんなことも分かるの!?」なんてことがあるかもしれません♪^^


Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA